Hexa Chemical株式会社ヘキサケミカル

形態から

  • ヘキサペレ

    ヘキサペレ

  • ヘキサペレは、弊社独自の高分散造粒技術により開発された、ペレット形状の特殊マスターバッチです。
    着色剤・添加剤などを低温分散加工の上、ペレット形状に造粒し、一般のマスターバッチと同様に使用できる高濃度特殊マスターバッチを実現しました。
  • 特徴
  • ・独自製法による高分散製品
    ・ドライカラーの飛散を解消したペレット形状
    ・機能の劣化を極力抑制できます
    ・小ロット対応 (20㎏~)
    ・機能剤との複合化
    ・複数の少量の機能剤をワンパック化できます
  • 使用方法
  • 自動計量機、ブレンドの両方に対応
  • 対象樹脂
  • 汎用樹脂、PE、PP、EVA、PS、AS、ABS、PA、PET、PBT、PC、PMMA 等 他

ヘキサペレ商品の成功事例

≪ヘキサペレの特徴≫

  • ベースレジンを含まない
  • ⇒ 有効成分の高濃度化が可能
  • 高分散着色
  • ⇒ 親和力と剪断力により高分散が可能
  • 低温加工(100℃以下)
  • ⇒ 基本的に材料の熱劣化がない
  • 樹脂バインダー
  • ⇒ 低融点材料をバインダーに使用

≪ヘキサペレの設計≫

  • A:一般バインダー

    ◎パラフィン
    ◎PEワックス
    ◎PPワックス
    ◎変性ワックス
  • B:添加剤

    ◎酸化防止剤
    ◎紫外線吸収剤
    ◎耐候剤
    ◎滑剤
    ◎帯電防止剤
  • C:機能性材料

    ◎酸化チタン
    ◎酸化鉄
    ◎無機フィラー
    ◎抗菌剤
    ◎難燃剤
    ◎発泡剤
    ◎結晶核剤
    ◎樹脂
    ◎AB剤
  • ┃┃

  • ワンパック商品

  • 多様性
    • A:一般バインダー
    • B:添加剤
    • A:一般バインダー
    • C:機能性材料
    • B:添加剤
    • C:機能性材料
    • A:一般バインダー
    • B:添加剤
    • C:機能性材料

≪添加可能な材料の性状≫

種別

液体

粉体 フレーク ペレット
酸化防止剤 融点が加工温度以下のものは可能


それ以外は添加量制限で使用可能
融点が加工温度以下のものは可能
熱安定剤
紫外線吸収剤
光安定剤
難燃剤
滑剤
帯電防止剤
※液体添加時は基本的に吸油成分が必要

≪ヘキサペレ使用による効果≫

    • ペレット形状
    • 生産性の改善(ホッパーブリッジ、分級)
      計量精度の向上
      生産ラインのスマート化
      計量ミスの防止
    • 樹脂メーカーの採用へ
    • 低温加工
    • 揮発性材料や熱安定性の悪い材料
      (変色、分解)の高濃度ペレット化
      →マスターバッチでは加工できない

    • 添加剤メーカーの採用へ
  • 添加剤ペレ専用ライン化

    無色添加剤専用ラインを設置。
    (コンタミ混入防止、着色ラインとは隔離)

≪ヘキサペレ使用樹脂実績≫

ヘキサペレ使用樹脂実績